代表メッセージ

代表取締役
上山 哲正

未経験から設計のプロへ

成長への探究心は、必ず自分の糧になる。
きっかけは何だって良い。
「まずはやってみる」から始まる、自分の可能性に心を弾ませよう

失敗が無くては成長は望めない。
だからこそ、一生懸命行った失敗を大切にします。

一般的に、「失敗」はしてはならないことと、社会の中では捉えられていると感じています。
しかし、失敗しないことが成長の秘訣でしょうか?
私は、失敗するからこその気づきがあると考えています。
全社員一人ひとりに望むことは、たくさんの失敗や悔しい思い、歯がゆい思いを経て、成長するというステップを踏んでいってほしい。
一寸房は失敗を受け入れ、共に歩む姿勢、そして成長を理念に掲げています。

安心して一生懸命に取り組み、
たくさんの失敗から学び、乗り越え、
自分自身を育ててください。

また、技術・知識・経験だけではなく、「背中」を育てることを望んでいます。
なぜなら 「背中」 には、「本質」が現れるからです。
一寸房は、「背中」を見せることで想いを伝えられる人間になることを目指しています。
言葉・表情・態度で伝えることも大切ではありますが、「背中」を成長させるために、人が持つ本質と人間性を向上させることが必要であると考えています。
口八丁手八丁ではなく、「本質に近い姿」で生きていける人であることを期待します。

一寸房という社名

一人のチカラがあり、その一人ひとりが集まった企業であること。
「組織の中の一人」ではなく、「一人が主役」であり、それぞれを支える人がいて、
その集まりが一寸房という企業であることを目指します。
「一人が主役」は、会社全体で意識しなければ成り得ないと考えています。
一寸房は、その「個」の可能性を信じ、成長を与えられる場であり続けます。